自慢できる点について

広島の包茎治療の自慢できる点について書かせて頂きます。
包茎手術において痛みを感じる瞬間は、「局所麻酔の注射」なので、この際の痛みをどのように抑えるかがポイントであり、この点をうまく考えて手術ができるので好評です。
また、長年の実績があるので局所麻酔の痛みを訴える患者さんはいらっしゃいません。
そして、傷痕が見えないようにうまく縫っています。
これは、髪の毛ほどの太さしかない極細の糸を使用しているから傷が目立たないということです。
この糸の使い方も熟練している点は非常に素晴らしいことです。
まさに、美容整形のプロが仕上げるような高度な技術が可能です。
一般に、美容外科手術では、顔の表面にどうしても傷を作る手術が多いのですが、顔と同様に目立つような傷ができたら大変なことになってしまいます。
そうならないように綺麗に縫っていきます。
この2点が広島の包茎治療の得意とする点であり、多くの患者さんの信頼を得ています。